お気軽にご相談ください。

📞06-6412-7070

メールでのお問合せ

尼崎事務所

神戸事務所

節税対策

節税とは

節税とは

「税金って結構高いなあ。なんとかならないかな?」と思ったりしたことはありませんか?

節税は、法律の規則に従って、税金を少なくする会計処理です。
節税の目的は、会社の財務体質を強くし、倒産しない会社を作り上げること。

下手な税金回避策や脱税などは、一時的に税金の支払いが減ったとしても、いずれ付帯税を支払うことになり、信用も失って、かえって財務体質を悪くしてしまいます。

会社にお金を残すため、財務体質の強い会社を作るための節税を心がけましょう。

【節税対策】

会社の節税目的は、財務体質を強化し、倒産しない会社を作りあげることです。

下手な税金回避策や脱税まがいの手法で一時的に税金の支払いが減っても、いずれ付帯税を支払ったり、会社の信用をなくすことにも繋がります。

賢く節税に取組むため、年間を通じてどんな対策が可能か、経営者自身も知っておく必要があります。

以下は代表的な4つの節税対策です。

期首から始められる節税対策

各種共済制度への加入、社宅家賃制度の導入、役員報酬改訂、役員退職金、子会社・関連会社を利用した節税対策


期中に行う節税対策

広告宣伝費、社員研修、諸規定の作成、修理等の実施


期末直前に行う節税対策

ボーナスの支給、生命保険の加入、固定資産の売却・購入、社内旅行、消耗品の購入、寄付金、不良債権の放棄


決算期に行う節税対策

棚卸資産の評価損、固定資産の除却、貸倒引当金・貸倒損失、未払費用の計上
節税策の多くは課税の繰延べ。今払うべき税金をできるだけ少なくし、後回しにしようというものです。これにより資金繰りが楽になり、その資金を有効に使えるようになります。また後回しにすることで時間的余裕ができ、その間に新たな節税方法を考えまた後回しにしていくということが可能になります。

節税対策とは、必要な税金を納めて必要以上の税金を納めなくてもよいように立てる対策です。
いま支払っている税金を見つめ直し、正しく節税を行ってみませんか?