お気軽にご相談ください。

📞06-6412-7070

メールでのお問合せ

尼崎事務所

神戸事務所

中・長期経営計画

中・長期経営計画とは

長期経営計画(ビジョン)

5年から10年の期間を対象とし、企業の将来の方向づけを示すとともに、企業の構造革新を行うためのものです。

中期経営計画

3年から5年の期間を対象とし、ビジョン実現のためのステージと位置づけられ、経営革新のための資源配分、重点課題、必達目標などから構成されます。

中・長期経営計画の重要性

将来の経営環境が不透明で、企業の先行モデルが見当たらない現在こそ、中・長期経営計画を持つことの重要性が高まっているといえます。将来の環境変化をしっかりと見据えた上で、企業独自のスタンスを明確にした計画づくりが必要です。 予測がはずれた、目標が達成できないということが重要ではなく、企業をどうしたいのか、そのために何を行うべきかを明確にし、資源を配分し、実施することが重要なのです。

中・長期経営計画コンサルティングの特長

1.トップダウンとボトムアップの融合

2.長期と中期の整合性

3.全体と部門との調整

4.計画実行度を高めるための方策(社員参画意識、モチベーションを高める評価制度、組織変更など)

メリット・効果

「今後の成長戦略を示し、何にどう取り組めばよいかを明らかにしたい」「経営ビジョンを明確にし、若手社員にとって夢の持てる会社にしたい」「目標に向けて挑戦する活力ある組織をつくりたい」・・・


メリット・効果

メリット・効果

 【戦略ビジョンが明確になる】
  会社の進むべき進路、経営戦略を明らかにします。

 【戦略実現の具体策が打てる】
  経営戦略を実現するための組織や行動計画を立案します。

 【業績向上の具体策が打てる】
  売上、利益目標や財務体質改善を実施する施策を明らかにします。

 【目標達成の意識と行動がレベルアップする】
  実行のチェック&コントロールを継続して行い、経営計画の実現へ繋げていきます。

 【経営幹部のリーダーシップが高まる】
  計画を推進するプロセスを通じて、経営幹部の能力向上が飛躍的に高まります。